記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

瀕死の工藤、梶原さんを道連れにする 喧嘩稼業#48「」 


前回で梶原さんの金剛0式を喰らい意識を失ってしまった工藤。
これは決まった、梶原の勝ちだと読者だけでなく富田流チームも確信して
『試合外で屍を見つけたときの合図を決めておこう』などと言い始めます(十兵衛ちゃんはショックだったのかうつむいている)。

一方意識を失った工藤はトランス状態のようで、狼の姿をした己自身と対話します。

201530喧嘩1

『身体が死ぬ準備を始めている。細胞が壊れていくのを感じる』

『で? まさかそんな事で立てないとは言わないよな』
『俺はこんなヤツを知っているぞ。ションベンを漏らしながら命乞いをした情けない野郎だ。』
『そいつは立ち上がったぞ。』
『お前はそいつの眼前で言えるのか!? 身体に毒を入れられたから、身体が死ぬ準備を始めたから
細胞が壊れていくのを感じるからもう立ち上がれませんと…』


『死んでも! 灰になっても! 消滅しても! 言ってはいけない言葉がある!!! 譲ってはいけない事がある!!!』
201530喧嘩2

『自分を曲げることだけは許さない!!!』

『お前は決意したはず!!! 誰にも媚びず、誰にも従わないと。
死ぬ事はすでに避ける事はできないが、殺される事は許されない!!!
殺される事を唯一回避する方法は存在を無くす事
死ぬ前に殺せ!』

『最後の仕事だ。笑いながら潰してやれ』


そして工藤は覚醒します。おそらく気絶していた時間は10秒程度しょうか。
(覚醒が早いのは金剛0式を喰らう直前に出した大量の脳内麻薬の影響?)
意識が混濁している梶原さんを捕らえるのは容易。胴体を両腕でガッチリホールドし、
単純な腕力のみで絞め続ける体勢を取りました。

201530喧嘩3

梶原さん、絶体絶命のこの状況から逃れられるか!?

次号へ続く!


十兵衛初金剛の回9巻59話のタイトルが「零式」で、肘での金剛=金剛0式という技名は前からきめてあったようですね。
工藤の自我狼の『死んでも言ってはいけない言葉がある』のセリフは13巻でも十兵衛ちゃんの
『殺されても言ってはいけない言葉だと後悔していた』とほぼ同じですね。
敵に助けを乞う事は死より許せない事、というのが両者の根底にあるんですね。
さぁ、そしてこれからどうなるか。工藤の死は決まったから今度は梶原さんの生死が
決まるのか!? 
そもそも次号載っているかも怪しいか…
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

6月刊YMコミックス

よしふみとからあげ(2) [ 関口かんこ ]
価格:734円(税込、送料無料)


よしふみとからあげ(3) [ 関口かんこ ]
価格:734円(税込、送料無料)


ザ・ファブル(6) [ 南勝久 ]
価格:610円(税込、送料無料)



スモーキング(2) [ 岩城宏士 ]
価格:610円(税込、送料無料)


監獄学園(21) [ 平本アキラ ]
価格:596円(税込、送料無料)


アルキメデスの大戦(2) [ 三田紀房 ]
価格:610円(税込、送料無料)


今日の人気記事

ブログパーツ

カウンター

プロフィール

カフカイ

Author:カフカイ
26歳 札幌在住の社会人 2009年からヤンマガ読者 記憶に残る作品は「暴想処女」

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。