記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤンマガ2015年27号感想

w_2015-27_j3gvc6btf9vgr2t2[1]

「セーラーエース」…しげの先生新連載。と、言っても「高嶺の花」とまったく同じ容姿のギャルが主人公なので、焼き直し感がハンパない。そもそもギャルである必要なくない?これなら、藤原拓海似の高校生が主人公…って方が良いと思うな。

「ザ・ファブル」…クロの弟分に安田大サーカスのクロちゃんっぽいのをあてがう当たり作者のセンスだねー

「戦禍のカノジョ」…まぁ、順調にストーリーが展開しているようで良いじゃないですか。この先、明確な『敵』を出すんだろうけど、それがどんな形になるのか興味アリ

「監獄学園」…キヨシは花ちゃんの黄金水を浴びまくった。
カラーでやれ!カラーで!白黒じゃ全然伝わってこないぞ!!

「僕たちがやりました」…日本の警察は優秀だからこそ逃げられないんだよなぁ。死者、怪我人、器物損害が大量に出た事件なんだからソッコー捕まるわな。オマケに犯行後にカラオケに行ってたことがバレるとマスコミの恰好のエサだ。サイコパス高校生とか書かれるんのかw

「セブン☆スター」…緒形健、こんなキャラいたっけか…

「みんな!エスパーだよ!」…浅見の能力「心の中で思ったことが現実に起こる」。つまり『アイツ、うざいな。自殺してくれねーかな』と思ったら、実際にその人物は自殺してしまうわけだ。これは怖い。証拠が一切残らないからデスノート以上のチート能力だ。

「でぶせん」…今回の力生くん編は正統派コメディだったと思います。

「センゴク一統記」…酔いつぶれて兵を全滅させたなどと余りにも不甲斐なく申し訳なく、自ら打ち首を申し出るのは当たり前だよなぁ

「彼岸島」…『てめェ変態デブ!! ちょっと謝ったくらいで許せるかバカ野郎!!』 激しい怒りなのはよく分るが、なぜか笑ってしまう、これぞ松本節

「ハレ婚」…作者のNONさん、漫画が上手くなったよね。キャラクターの魅せ方がレベルアップしてるのが目に見えてわかる。頑張ってほしい。

「バカビリーバー」…市川先生ってホント、男が好きなんですねぇ…(意味深)

「カイジ」…カイジと和也は実力伯仲でいい勝負。面白いとは言ってない。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

6月刊YMコミックス

よしふみとからあげ(2) [ 関口かんこ ]
価格:734円(税込、送料無料)


よしふみとからあげ(3) [ 関口かんこ ]
価格:734円(税込、送料無料)


ザ・ファブル(6) [ 南勝久 ]
価格:610円(税込、送料無料)



スモーキング(2) [ 岩城宏士 ]
価格:610円(税込、送料無料)


監獄学園(21) [ 平本アキラ ]
価格:596円(税込、送料無料)


アルキメデスの大戦(2) [ 三田紀房 ]
価格:610円(税込、送料無料)


今日の人気記事

ブログパーツ

カウンター

プロフィール

カフカイ

Author:カフカイ
26歳 札幌在住の社会人 2009年からヤンマガ読者 記憶に残る作品は「暴想処女」

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。