記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彼岸島48日後…#20「親子」


「彼岸島48日後」…は雅のいる東京を目指す新章に入りました。
東京へ向かおうとしているのは明だけでなく、生き残った人間たちも同じのようで、
数十人の団体が高速道路を歩いていきます。

人間たちが集団でいると当然、吸血鬼に襲われるんですが
この人間たちのあまりにも不自然な非武装っぷりに突っ込まずにはいられない。
持っているものは食料と寝袋だけってバックパッカーかよ!

警察署にいけば拳銃が手に入るし、ホームセンターにあるバールとかチェーンソーを武器にすればいいのになぜ何もしないのか。
もしかしたら雅による刀狩みたいなことが行われた可能性もあるが…。
それと車が使えないのも不自然すぎる。頑丈な日本車なんだから燃料さえあれば何とか走るだろうに。
丸太戦車なんか作らなくとも大型トラックなら体当たり攻撃できるし。

本家のレジスタンスに比べたら戦闘能力のかけらもない本土の人間たち。
これは侵略されて当然ですわ。

GEDC0982.jpg失禁するだけの簡単なお仕事です




関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

6月刊YMコミックス

よしふみとからあげ(2) [ 関口かんこ ]
価格:734円(税込、送料無料)


よしふみとからあげ(3) [ 関口かんこ ]
価格:734円(税込、送料無料)


ザ・ファブル(6) [ 南勝久 ]
価格:610円(税込、送料無料)



スモーキング(2) [ 岩城宏士 ]
価格:610円(税込、送料無料)


監獄学園(21) [ 平本アキラ ]
価格:596円(税込、送料無料)


アルキメデスの大戦(2) [ 三田紀房 ]
価格:610円(税込、送料無料)


今日の人気記事

ブログパーツ

カウンター

プロフィール

カフカイ

Author:カフカイ
26歳 札幌在住の社会人 2009年からヤンマガ読者 記憶に残る作品は「暴想処女」

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。