記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんなに友情に厚い吸血鬼はいない!? 彼岸島最後の47日間#104「死に方」

隊長
吸血鬼といっても一応元人間です

こんにちは、カフカイです。2013年も、はや1ヶ月が過ぎましたね。日本のどこかにあるこの島は47日がいったい何年続くんでしょうか?







さてさて、牛乳女の母乳の虜になってしまった亮介が禁断症状を起こして牛乳女の所へと戻ってしまったため、明と隊長は2人で脱出することに。
隊長は仲間を見捨てるようなことをした明にらしくないと言うんですが、明の言い分としてはいつ吸血鬼に捕まって残酷で苦しい死に方をするかもわからないこの彼岸島では、亮介にも自分の死に方を選ぶ権利があるんじゃないか、というです。
牛乳女のもとなら、優しさに包まれて死ねる、こんな地獄の島ならアイツにも自分の死に方を選ぶ権利があるんじゃないか、と思った明。

彼岸島#9 

いや、一理あるように思えてそんなことはないぞ!


ここで元人間・隊長の何かに火がつきます。

「お前はアイツを置いていきたいのか?」


「俺が聞きたいのはお前の考え方じゃない。お前の気持ちだよ。
お前はアイツを置いていきたいのか、それとも一緒に帰りたいのかだ」
「理屈はどうでもいいんだよ! 気持ちを聞きたいんだよ!!」
「どうなんだ、お前の願望を言ってみろ! アイツを置いて行きたいのか!? 一緒に帰りたいのか!?」


おいおい、どこの熱血友情マンガだ… とてもジジイの吸血鬼の発言には思えません。

隊長の熱い言葉に明もアイツを置き去りになんてしたくないと本音を言います。

そこへミルクのような甘い匂いがただよってきて…なんと亮介と巣に戻ったはずの牛乳女が背後に迫っていた!

#9彼岸島 

間髪いれずに体液を発射され、もろに明の顔面にクリーンヒット!

#9彼岸島1 →       #9彼岸島2

 戦闘不能に陥った明は牛乳女に連れ去られてしまいます。

#9彼岸島3 



…っていうか他のモブなら顔面溶けてるよね! 
明さんいつのまに顔面も鍛えてたんだ…

次回も楽しみです! 






 
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

6月刊YMコミックス

よしふみとからあげ(2) [ 関口かんこ ]
価格:734円(税込、送料無料)


よしふみとからあげ(3) [ 関口かんこ ]
価格:734円(税込、送料無料)


ザ・ファブル(6) [ 南勝久 ]
価格:610円(税込、送料無料)



スモーキング(2) [ 岩城宏士 ]
価格:610円(税込、送料無料)


監獄学園(21) [ 平本アキラ ]
価格:596円(税込、送料無料)


アルキメデスの大戦(2) [ 三田紀房 ]
価格:610円(税込、送料無料)


今日の人気記事

ブログパーツ

カウンター

プロフィール

カフカイ

Author:カフカイ
26歳 札幌在住の社会人 2009年からヤンマガ読者 記憶に残る作品は「暴想処女」

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。