記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦国時代屈指の“知勇兼備”の将、ここに沈む センゴク一統記#58「借景の国」





明智日向守光秀   隋風   織田弾正忠信長

「民を真に目覚めさせ、世の因果を制御し、天に見紛う永劫のまほろばを築くこと。それは間違いだったのか」

「巨椋池に続くこの川も水かさが減りましたな。やがて枯れ果て、川筋のみを残すのでしょう。」

「残された川筋…水なき川の面影は、意義なき存在であろうか」

「川筋に学ぶことはありましょう。庭に川を普請するには川筋からこさえねばなりません。むしろ川の水を見るより、川筋にこそ川の構造を知り得ましょう。真のまほろばを築き能わねど、貴殿に学び借景(しゃっけい)の国なら作り能うのでは。世の因果の移ろいに合わせ、政を弥繕(つくろ)い、真には目覚めぬ民を生かさず殺さず統(す)べる。お天道様の祟りに触れぬよう、小さき庭の中に見立ての国を保っていく。只今はそれしかないんでしょうなあ」

「なるほど。然らば、羽柴が統べるに相応しい」

「合戦とは欺くこと。統治とはより巧みに欺くこと。無常かな。…然らば、出遭えたことに感謝致す。道元が如き御仁よ」

「-なるほど、道元か。禅師(ぜんじ)も弟子に伝わらぬと知りつつ教義を残し、いつか後世に意志を継ぐ者があらわれることを願うたのであろう」「いつの日か真に目覚め給う」




「最後の心残りは-上様。我が所業は-正しかったのでしょうか」

「カッカ、是非を問うなぞ片腹痛いわ。汝が如きは、唐にもおらぬ。我が泡沫(うたかた)の人間(じんかん)、汝が最も愉しませた」


「有難き、幸せに候」


関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

6月刊YMコミックス

よしふみとからあげ(2) [ 関口かんこ ]
価格:734円(税込、送料無料)


よしふみとからあげ(3) [ 関口かんこ ]
価格:734円(税込、送料無料)


ザ・ファブル(6) [ 南勝久 ]
価格:610円(税込、送料無料)



スモーキング(2) [ 岩城宏士 ]
価格:610円(税込、送料無料)


監獄学園(21) [ 平本アキラ ]
価格:596円(税込、送料無料)


アルキメデスの大戦(2) [ 三田紀房 ]
価格:610円(税込、送料無料)


今日の人気記事

ブログパーツ

カウンター

プロフィール

カフカイ

Author:カフカイ
26歳 札幌在住の社会人 2009年からヤンマガ読者 記憶に残る作品は「暴想処女」

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。