記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤンマガ50号感想

1905[1]

ヤンマガ50号感想。

今週号の連載作品はどれも特に感想はなし。
それより第67回ちばてつや賞の準大賞受賞作として掲載された
「サンライズ」本田 創 が良かった。
内容…大学の洋画科進級制作展で個性的な色の絵に魅せられた金井は、作者である松 有希に会うことに。彼女と交流を重ねるごとに、二人の距離は少しづつ近づいていく。ある日有希の家を訪ねることになった金井は彼女から他人と色の見え方が違う色覚異常だと伝えられる。後日、金井は有希を気分転換に神戸のルミナリエへと連れて行く。しかし、帰りの電車が吹雪で利用できないため、二人はカラオケボックスで始発を待つことに。有希は自分と他人の見ている色が違うことによる不安を吐露するが、金井の理解と応援を受け、絵を描き続ける決心をする。

ちばてつや氏の選評では人物の表情の豊かさが褒められてるけど、自分はセリフの文字数が少なくてテンポ良く会話が進むのがいいと思った。それと情景描写がうまくて、展覧会の帰り道に夕日を見ながらの1コマ 『日が暮れるのが早くなったね』『今日で立冬だよ』『もう冬なんだ』『夕焼けの色が淡くなったでしょ』←このシーンが印象的だった。

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

6月刊YMコミックス

よしふみとからあげ(2) [ 関口かんこ ]
価格:734円(税込、送料無料)


よしふみとからあげ(3) [ 関口かんこ ]
価格:734円(税込、送料無料)


ザ・ファブル(6) [ 南勝久 ]
価格:610円(税込、送料無料)



スモーキング(2) [ 岩城宏士 ]
価格:610円(税込、送料無料)


監獄学園(21) [ 平本アキラ ]
価格:596円(税込、送料無料)


アルキメデスの大戦(2) [ 三田紀房 ]
価格:610円(税込、送料無料)


今日の人気記事

ブログパーツ

カウンター

プロフィール

カフカイ

Author:カフカイ
26歳 札幌在住の社会人 2009年からヤンマガ読者 記憶に残る作品は「暴想処女」

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。