記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤンマガ49号感想

1898[1]

ヤンマガ49号感想

「プリズンスクール」
毎号毎回面白いねぇ。今回で花ちゃんが初めてかわいく見えた。これまでキヨシたち囚人目線での見方しかできなかったけど、彼女からしたらセクハラで済まされないようなことばかりされてきたんだからなぁ…あげくにメデゥーサなんてでもこうやって女の子に泣かれたら男はすいませんとしか言えないよね…

「彼岸島」
明が体調を良くなりワクチンのありかを聞き出すために敵の隊長を訪ねる。明「元気だったか隊長」隊長「おうよ、なんだお前 急に」 ←明がこんなに親しくできる敵側の吸血鬼はこいつだけ! そして最悪の邪鬼が潜むという洞穴の中、地図を教えてくれればお前は帰ってもいいという明に「バカを言うな こんな所に貴様を一人置いていける訳ないだろ」と脂汗をたらしながら笑顔で答える隊長。ホッと「フン、ならいいけどよ」と言う明。斧神のようなボスクラスのキャラではなく、モブにでもいそうな平凡な吸血鬼との信頼関係が伺えるこのシーンは名場面だ!

「サイコメトラー」
笑えません

「モンタージュ」
泰成の父が横溝保!? モンタージュは複線が多すぎるからコミックスで読まないとダメだな

「エイト」
難しい話がありました。トミー『才能の無い者はマネをする そして本当に才能のある者は盗む たとえば僕が君からお金を借りる 借りたお金は返すべきモノで僕のモノじゃない でも誰にも気付かれずに君の金を盗み僕のサイフに入れたとする 誰にも分からない以上僕のサイフの金は僕のモノだ 分かるかいこの意味が』トミーさんからするとニーナは曲づくりの才能が無いということなのか

「ケッチン」
いいなー北海道満喫してるね!読んでて気持ちいい!
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

6月刊YMコミックス

よしふみとからあげ(2) [ 関口かんこ ]
価格:734円(税込、送料無料)


よしふみとからあげ(3) [ 関口かんこ ]
価格:734円(税込、送料無料)


ザ・ファブル(6) [ 南勝久 ]
価格:610円(税込、送料無料)



スモーキング(2) [ 岩城宏士 ]
価格:610円(税込、送料無料)


監獄学園(21) [ 平本アキラ ]
価格:596円(税込、送料無料)


アルキメデスの大戦(2) [ 三田紀房 ]
価格:610円(税込、送料無料)


今日の人気記事

ブログパーツ

カウンター

プロフィール

カフカイ

Author:カフカイ
26歳 札幌在住の社会人 2009年からヤンマガ読者 記憶に残る作品は「暴想処女」

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。